PROFILE

川辺美沙 プロフィール

東京都生まれ。

八王子学園八王子高校芸術コース音楽科、洗足学園短期大学音楽科(現・洗足学園音楽大学)卒業。

現在では、箏奏者・岡戸朋子とのユニット「箏KOTO×Piano 和洋折衷」、地元・国分寺で結成した「本わ歌」メンバーとして演奏活動のほか、ピアノ・歌の講師としてレッスンを行っている。



~私と音楽~

私は、6歳の頃にピアノを習い始めました。歌はたぶん、もっと小さい頃から歌っていました。
ピアノを習い始めたとき、譜読みをして楽譜通りに弾かなければいけないこと、練習をしなければいけないことは、それまで好き勝手に弾いていた私にとってものすごく苦痛でした(笑)
それでもできるようになると楽しいもので、どんどん上達し、音楽がより好きになり、
中学生の時にはブラスバンドに所属したり、
合唱コンクールでピアノを弾きながら金賞目指してアツく歌ったり…
自分は誰よりも音楽が好きで、誰よりもピアノができると思っていた私は音楽の学校へ進みました。

そこで気が付いてしまいます。
私なんかより弾ける人なんて世の中にはゴロゴロいたということに。
そういう人だらけで競っている、そんな世界にうっかり入ってしまった…。
初めての挫折を味わいながら、自分の得意なことを探していきます。
それがソルフェージュや聴音でした。
小さいうちから音楽に親しんでいたこと、半泣きで譜読みと練習をしていたことがここで役に立ち、大きな力になりました。

そのうちクラスの友人達から伴奏を頼まれるようになっていきます。
素晴らしい演奏をする友人達ばかりだったので、試験で上位になることも多く、試験ごとに自分の演奏以外に何曲も抱えるようになりました。
こなすのが大変なので、いかに速く譜読みをするかや、合わせの回数が少なくて済むよう相手をよく知り、合わせるなどのスキルが相当磨かれました(笑)
色々なコンサートなどにも出演するようになりました。
今でも友人達には本当に感謝しています。

その頃から、
自分自身が楽器となる、
手ぶらでも音楽ができる「歌」を勉強したいと思うようになり、声楽を専攻します。
もともと高校の副科で素晴らしい歌の先生に出会い、副科で飽き足らずにレッスンにも通っていましたので、洗足音大では歌うことの楽しさを存分に味わい、友人とコンサートをしたりと楽しい思い出ばかりができました。


~歌のレッスンについて~

そんな経緯から紆余曲折を経て今の「弾きながら歌っちゃうスタイル」を確立し、
みんなで楽しく歌っちゃおう!思いっきり歌って健康になろう!
というクラスが出来上がりました。
いろんな施設で演奏するときもこのスタイルです。
「声楽ストレッチ」「楽しく歌おう&体操」のクラスでは、楽しく歌えるために必要な表情筋・上半身のストレッチ・下半身でしっかり支えられるようになど軽い運動をしてから、発声を経て曲を歌うようにしています。

音痴?
いえいえ!直ります!

人前で歌うのが恥ずかしい?
いえいえ!それどころか、歌いたくてしかたなくなります!

皆でワイワイ楽しいレッスン、ぜひ一度体験してみてください。


~ピアノのレッスンについて~

「音楽の入口は、街のピアノ教室」をモットーにしています。
お子さまへのピアノのレッスンでも楽しみながら上達できるように心がけていますが、
中でも気をつけているのは基礎力です。
練習、譜読み、リズム……
その場ですぐにできるようになる子もいれば、何度も繰り返してようやくできるようになる子もいます。
リズムは得意だけど譜読みが苦手、
譜読みは得意だけど練習が苦手…
ほめればほめるほど伸びる子、
ちょっと厳しいほうが燃える子、
おしゃべりな子、おとなしい子…
個性は様々です。

私は決して優等生ではなかったからこそ、
好きなのに思うように弾けないなど、ピアノに対する複雑な気持ちがよくわかります。
環境も様々な中で、その方・その子にとってどう練習したら上達への近道なのか、
ひとりひとりに合わせて考え、効率的に基礎力と音楽性を身に着け、音楽と仲良くなってもらえたら嬉しいです。